decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

愛と青春の旅立ちにみる人間とはなにか。

ずいぶんとおおげさなタイトルでしょ。

この映画を評論家はとある雑誌の取材でこう言ってました。
「人間は紳士でなくてはいけないというのがこの映画の意味」と。
難しい解釈ですよね。

なんでまた、おいらがこんな話をしたかというと
今日、郵便局に用事があり行って来たのです。
次々、お客様が来てますが、そのうちの一人が
郵便局の方に言った言葉「みんな暇そうにしてるな~~」と。
実に気分が悪い。
じじい、デリカシーないのか?どっかに忘れてきたか?そう思ったの。

まともな感覚の人なら言えないセリフです。
周りの人もきょとんとしてました。
みんなおいらと同じ気持ちだったのでしょうね。
じじいは紳士ではなかったのです。

たとえば、その金融機関に預貯金あり、大切なお客様であって
金融機関のスタッフが、「上得意様への最高級の接客」。なんてのもあるかも知れないが
預貯金に魅力があり、本人では無いのよね。きっと。
何言ってんだおいら。
こんな事を飲食店のブログにUPするのも気がひけるのですが
すごく気分のわるい午後でした。

- PAGE 1 OF 3 -

Next Page ⇀

loading
×