モラル、マナーは能力の違い

1413957863954

思い出した。
以前、殺人容疑で逃げ回っていた容疑者が、転々と職を変え
季節労働をしていた時の、上司の言葉を。
「食事の時ぐらい帽子をぬぐもんだ」
容疑者だと気づかれない為だったようです。
上司はマナーというものを愛情を持って言葉にしたのだと思う。

失礼なお話をいたしますがお許し下さい。
上の写真を見てください。
真っ先に浮かんだ言葉が、「親の顔を見てみたい」でした。
数日前の当店のお客様の食べ残しです。おいしくなかったのかもしれない。
化粧や、最新のファッションを知る事には長けていても
肝心の人間の本質とも言うべき基本ができていない。

時々、「(ご飯残して)ごめんね、すこしお腹がいっぱいになってしまって」と
気遣うお客様もおります。たいていは50代以上のお客様。
たとえ美味しくなくてもこの一言が大切なんです。

食べ物を残す行為を恥ずかしいと思わない年代のお客様もおります。
社会人なら、上司や同僚が教育してあげればいいのに・・・。

人間の能力に定量があったとしたら、まず初めに、道徳、マナーなどを詰め込んで欲しい。

じゃあ、すぎのさん!あなたはどうなの?と聞かれれば、みみが痛いです。
しかし、外食で食べものを残した事は一度もございません。

つづく・・・