報われないお話し

1469683528079

わらびです。

買ってきたものではありません。
仕事と言ってしまえば悲しいのですが
これを食べていただきたく、母と山に行ってとってきたものです。
中には「ただなんでしょ?」とのお客様もおりましたが
ご馳走をご提供したいのです。
作って差し上げる。
食べていただく。
 

この山菜のお話をちょっと。
写真ではいい色していますが、独特のネバリと食感を楽しんでいただきたいので
三杯酢に漬け込みます、4、5日。
鮮やかな鶯色はくすんだ茶色に変色します。
うぐいすに対して鳶色(とびいろ)とでも表現しましょうか?

この色、正直なところ美味しそうな色ではないのです。
どうにか綺麗に見せたくて、レモンを添えたり、山芋のスライスを添えようか
茹でた菊を天盛りにしようかと、スタッフと賄いの時に、積丹帰りの車の中で話をします。
私の考えに、怪訝な顔をするスタッフも時にはおります。
ちょっと悪い空気が漂います(笑)
そこまでしてもこれらの副菜は評価が低いのです。
うに丼のわき役にしかなりません。

山に行って、灰汁で下茹で。色止めをし、汚れを落とす。
労働時間に対して低評価なのが少し悲しいよね。

でもこの話には続きがあってね、
山好きの母が、山奥、深くまで行けなくなったのです。
山友?いなくなって、道路沿いでの山菜取りしかできなくなった母。
昔は山菜取りのダブルヘッダーもざらにあったのにね。
帰ってくるとたばこ2,3本一気にふかして、上機嫌な母で
「わらび取りは楽しいさ」という母の意見をも尊重しているんです。
だから下茹でがうまくいかなくても、細くても収穫したものは粗末にしないで使いたいという思いがあります。

画像のわらびが、今季最後のわらびとなります。
また来年、取れればいいのですがね(笑)

ちょっと悲しい。今年もこんな事がおこりました

すぎ乃本店 うに膳屋です。

先週末、ご来店のお客様のアンケートを紹介させて下さい。
開店前の事。

「お手洗いの場所を尋ねると、『お手洗いのみのご利用はお断りしてます』とにらみつけられ、間違ったことに対しての謝罪もなく、せっかくの食事が半減しました」
この方、開店前に店外に並んだお客様様でした。
館内で準備している私たちからすれば、トイレを借りたいと言った方が、順番待ちなのか海水浴に来た人がトイレを借りたいといっただけなのか判断できません。スタッフには店内利用以外の方にはトイレは貸さないようにと言い聞かせているのです。
どうぞ!という当店スタッフの対応を期待していたのでしょう。すみません。
スタッフのとった行動を、間違った事とは思わないでください。
お叱りを受けること、承知で申し上げますが、営業時間外には、どこの誰かわからない人には入店させません。たとえトイレが我慢できなくても。
このことは一つの防衛手段です。
実は過去にトイレを貸して盗みをする人もいたのです。
当店スタッフの貴重品などもスタッフルームに置いています。
私はとるべき手段だと思いこのようなルールを設けています。
「貸してくれるだろう、飲食店なら」と思いすぎではないでしょうか?

 
余談ですが、コンビニでもトイレ問題が深刻なようです。
みんながみんなマナーが悪いわけではないのですがね。
今回のこのお客様がマナーがなっていないと言う意味では、決してございません。
列に並んだ他のお客様の前だったので少し恥ずかしい思いをした事でしょう。すみません。

 
裏のキャンプ場に来ていた子供に一度トイレを貸したこともありました。
気の毒に思えての善のつもりでしたが…。
10数人でキャンプをしていたようで、30分おきに「またトイレ貸して」と遠慮なしです。トイレは汚されるし、当店のお客様もトイレ順番待ちを余儀なくされたのです。食事の順番待ちで並んでるお客様の事も考えずに列に割り込んで。

今回のこのアンケート、
「せっかく時間とお金をかけてきたのに(お客が)こんな思いをすることのないように気を付けたほうがいいと思います」と続くのです。

申し訳ございませんが言わせてください。
「せっかく時間とお金をかけてきたのに」
現実に時間もかかったでしょうし、お金も使ったのは間違いないのでしょうが、これはお客様の主観にすぎません。
本当にそう思って外食をするのなら、当店にはもうご来店されない事を強く望みます。

10数年前に小樽の温泉施設が日本人以外の入浴を断り、社会問題になった事を思い出しました。
形は変われど、お客様と施設側との関係は難しいようですが、本当は簡単な事のような気がしています。
もう一つ、言葉があれば、お互いに。