decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

昭和の教え

FBで私、
大谷のサヨナラヒットについてこう書きました。
「8回の敬遠が味噌」って。
このサヨナラ勝利に、2塁への盗塁を決めたのも大きな要因なのですが・・・。

サヨナラの場面で大谷がバッターボックスに。
また敬遠?とも広島からすれば選択肢があったはず。
しかし、8回にも似たシチュエーションで敬遠済み。
勝負を選択したのでしょう。
1477566514921

そしてバッターの心理&セオリー。
大谷選手。ボールに手を出すほどトンチンカンではないバッター。
サヨナラとなった投手が投げたのは、少し落ちたインコースのボール球。
この時、大谷はインコースにしぼって待っていたのではないかと勝手に思っています。

私、小中高社会人と野球をやっていて、その時にアメリカナイズドの教育を受けました。
「2塁にランナーがいるなら、レフト方向ではなくライトに転がす」
これ、昭和の教え。近代野球はまた違う考えがあるようですが。
そうすれば西川の足なら、ホームインも可能。
そう、大谷は思っていたに違いない。と、勝手に解説員もどきの私。
「インコースならボウルでも振ろう」と思っていた。そんな顔してたよ(笑)
何はともあれ、嬉しいね~~~。
大谷、中田、レアード、陽。
いやだろうな、相手のピッチャーは。

なんと3連勝だなんて・・・。

- PAGE 1 OF 3 -

Next Page ⇀

loading
×