ここにきて・・・。

美味しいむらさきうにのお話しです。

お盆過ぎに仲買人とのお話しを先に!
「すぎのさん、お盆過ぎたらばふんうにも安くなるはずだ」
結局は高いままでしたが、このお話しにはちゃんとした根拠があります。

8月になるとうにに精子が付き始めます。
いわゆる受精です。
うにの身の回りが白くなります。
こうなると厄介なんです。
この事を関係者は皆、知ってるので、「お盆過ぎたらばふんうにも安くなる」と言うのです。
日本海では受精前と後のうにとでは、さほど気にはならないのですが
道東や他の地域によっては、その触感が、全くうにでなくなってしまうのもあります。
むらさきうによりもばふんうにの方が顕著です。

さて、タイトルの「ここにきて・・・。」ですが、
ここに来てむらさきうにがとっても甘くなりました。
私の記憶には、7月下旬が一番甘味の強いうにが取れると思ってはいたのですが・・・。
うに漁ものこすところあと6日。
そのうちに何回、船を出せるか・・・。1回か、2回かもしれません。

運良く、8月30日31日にうに漁があり大漁で
私が500人前ほど仕入れられたら9月5日まではご提供できます。
1日100人・・・。無理無理(笑)

 

9月のお問合せも多いのですが、正直なところ9月中旬以降のうにはおすすめできません。
7月のと比べると味が落ちますです。
その後は11月ごろ、道東で水揚げされる塩水ばふんうにに期待して。
ここのうには積丹産以上のうにだと、積丹町そだちの私が太鼓判を押すぐらいです(笑)

8月26日27日で、すぎ乃本店 うに膳屋の営業が終わります。
では、行って来ます、最後の積丹へ。今日は行くのがいつもより楽しみです!!!