見えないお洒落 不得意分野

自宅で白菜のお浸し。

中に春菊と人参を巻いた。
少しお洒落だべさ(笑)
ポン酢が良いのですが、冷蔵庫まで立つのがめんどくさく
テーブルにあった醤油で間に合わせた。
白菜と春菊と人参の煮びたしとは全く別物に感じる。
普段は具材を一つの鍋で煮含めるのが好きなのだが。
たまにはちゃんと30年前に学んだことを試してみるのも悪くはない。

週末は記録的な雪の札幌でしたね。

下の写真は、用事を済ませ、お茶なんぞ洒落てみた。
やっぱりここはすんばらしい~~(なぜ、訛るのか?)
ぜんざいとアイスクリームとワッフル頼んだ。

ぼーっとできるのが嬉しい。

実は前日、田舎のブラピを招いて忘年会をしました。
12:00スタートで24:00過ぎまで4軒はしご。
夜になり、仕事が終わって駆け付けたアンデいガルシヤ。ジョージくるうにも参加。
毎年、同じ場所で忘年会。

これ↓

3軒目に行った、焼き鳥屋のビール。
あまり目にしないビール。
安く飲ませてくれる数少ないお店で、とても混んでいました。

本日の主役のブラピが好きそうなお店を選んだのです。
私が提案したくせに、こんなことは言いにくいのですが
この店は嫌い。
じゃあ、行かなきゃいいべさ(ここも訛る)って言われそう。
私の考える対極のお店に感じられて、イラっと来るから、嫌い。
おまけに一言多いんだ、店主。

1軒目、2軒目となかなかいけそうにない、お上品なお店から、
いきなり、ここの焼き鳥屋さんだもの、
ブラピもびっくりだわね、喜んでたけど。

お世話になっている方より頂きもの。
お上品な香りです。
決して自己主張しないけど、いい味出す。(香りね!)
例えば漬け魚に。ポン酢に。
べったり、においをつけない程度のこれがとってもいい。
女性のお化粧と似ている。
時々、厚化粧の人も好きだけど(笑)

どうやって使おうか少し楽しみ。
テーマは「少しの香りつけ」
見えないお洒落。
はじめはお浸しにすりおろしてみます。
ありがとうございました。