当店で使用するうにについての重要なお知らせ

 

 

むらさきうにについて

概ね、積丹産の塩水むらさきうにを使っています。
魚屋はもちろん、仲買人、地元漁師さんからも仕入しています。
無添加の防腐剤無しの塩水むらさきうにですが
天候不良の場合、小樽、余市等の塩水むらさきうにを使わざるを得ない時もございます。
時化が3日~7日も続きとうに漁ができなくなります。
こんな時に地元積丹産以外のうにの仕入れをしてご提供しています。

ばふんうにについて

厄介なのが、この積丹産塩水ばふんうにです。
漁獲量が少ないために常に高値取引です。
ここ4年間、安い塩水ばふんうにはお目にかかっていません。
仕入も5個、10個と少な目に仕入しています。
ですが、ばふんうにをご希望のお客様が増えた為に、増えすぎたために
他の産地の塩水ばふんうにも多く仕入するようにしました。
それは、利尻礼文、小樽、余市とその時によって仕入れが違います。
積丹産に比べ幾分低価格です。
近年の積丹産塩水ばふんうには、比較的ちいさいうにが多く
他の産地とは見た目も違うんです。

昨年より当店では塩水ばふんうに丼の産地別表記をしました。
例えば、
「積丹産 塩水ばふんうに丼 6000円」
「利尻産 塩水ばふんうに丼 4500円」こんな風に。
重要なのは味だと思います。
スタッフにも産地による味の違いを教えお客様への対応をしています。
美味しくないうにを、美味しいですと言うような事はありません。
「今日のは味が薄い」
「昨日より甘みが強い」
こんな風にメモしてスタッフが接客していますよ。

生ものゆえに多量の在庫が難しいです。
塩水ばふんうに丼をご希望のお客様はお電話にてご予約をおすすめしています。
積丹産の塩水ばふんうに丼ご希望のお客様も同様にご予約をお願いしていますが
絶対仕入れできるとは言えませんことを、お伝えしています。
そのぐらいに積丹産塩水ばふんうには稀少になりました。

新メニューで味比べができる 《ばふんばふん丼》というのも
日時、数量限定でご提供始めました。いかがですか?