うにご希望のお客様へ

12月12日

塩水ばふんうにが甘みを増してきました。
今週は少し価格を下げてご提供しています。

11月20日

今週末、連休ですね。
天候不良と会い重なってか、うに値上がりです。
一膳 7000円~9000円 ぐらいになると思います。

また、お問い合わせがございます浜中産塩水ばふんうには
セリ値で7~9000円と言われました。
仕入して販売したとしたら12000~14000円になってしまいます。
現実的ではないので、「うには仕入の予定はないよ!」と担当者に伝えました。
仕入さえできないですね、この値段だと。

11月16日

良かったり悪かったりのうに。
11月10日からは良いうにが揃っています。
13日14日そして今日も、今年一番のうにが入荷しています。
価格も安定しています。
美味しいうにです。

11月02日

やはり、うにがありません。
3連休だというのに、売り上げをあきらめました。
良い様にとらえていますが、3連休とはいえ予約がほとんどありません。
お問い合わせも少なく、ほっとしてます。
今日のうに丼は7800円。先週末の物よりも質は落ちます。
明日と明後日は、お客様へのアドバイスをどう言えばいいのか悩んでいます。

日本海でのうに漁は8月末で禁漁となりました。今は極端にうにが少ない季節です。
これから春にかけては道東方面でバフンウニ漁がおこなわれますが、9月~10月のバフンウニは甘みが少なく、寒くなると甘みが出てきます。
その中において、浜中産のうには別物。味も価格も日本一だと思っております。
本当に美味しいうに丼をご希望でしたらば、浜中産ばふんうに丼をおすすめしますが、仕入が出来ない日も少なくはありません。ものすごく稀少です。
今日の根室方面のうにもじゅうぶん美味しいです。

2019年秋。悪い意味で例年通りの高値が続いています。6年連続で高値のうにです。
個人的には、一食7000円~のうに丼は高い食事だと思ってはおりますが、これでも薄利。
防腐剤使用のうにも流通しておりますが、味を第一に考えるとやはり無添加のうに以外は考えられません。時々、他店との価格を比較され、当店の価格に驚かれるお客様もおられます。「品質重視」「ご飯が見えないほどのうに丼」を、25年余り、一貫して作り続けております。やはり使用するうにの量が、うに丼の価格に反映されます。沢山のうにを乗せるため、価格も高くなってしまいます事をご理解ください。最近は、ご来店され、価格を見てお帰りになるお客様も多いです。とても悲しい事と感じいるとともに、いたしかたない事とも思っております。
毎朝の仕入れをしており、毎日相場が違うと仕入価格、販売価格も違ってきます。数年前よりお客様にはご予約を強くお願いしておりますが、なかなか現実はうまくいきません。当日、お問い合わせのお客様やご予約無しでご来店のお客様が多いのです。仕入れは早朝にすべて終わらせます。その後、再度仕入れることは不可能なのです。
 ご旅行のお客様に提案がございます。もしお時間があれば千歳空港のショップを覗いてみてください。うにが販売されております。ひとつの価格のめやすにはなると思います。ぴんからきりまでありますよ。
噂なのですが、うに生産者は札幌卸売市場に出荷するよりも、豊洲市場の方が高値で買ってくれるとの事。札幌に良質のうにが少ない原因かもしれません。

一般的なうに丼のうにの量は90g程です。当店では一昨年よりどんぶりの大きさもバリエーションを増やしプチサイズ45g~特盛サイズ160gまでのどんぶりをご用意していおります。是非、ご利用ください。 そして、いくら。若干水揚げが多く、安定しており、価格を下げました。           

無添加のには腐敗しやすく、大量在庫ができません。
お客様よりご予約をいただいてから仕入をするように心がけております。
少し余裕をもって仕入数を決めておりますが
ご予約のないお客様にはご提供できない場合もございます。
ご理解をお願い致します。

毎日仕入価格が違います。当店では、毎日販売価格を見直しております。

期間限定 いくら・かに・うに丼割引チケット

  NEW     9月~11月うにご希望のお客様へ

最高級 浜中産塩水ばふんうに予約承ります

うにの価格と味について

作り手として 伝える事 

ばふんうにって?

うに丼の大きさは4サイズ

10月24日

先週より600円程値上げ。
質は先週と変わらず。
流通が少なくなるとこうなりますね。
うに丼注文をためらうお客様のお気持ち、お察しします。

10月19日

ぬか喜び。
一夜あけて、今日の市場にはうにが少ない。
前もってご予約頂いたお客様の分は何とか確保できました。
良いうにです。
悪いうには沢山ありました。
B品 C品ばかりです。
この悪いうにですが「まずい」わけではありません。
今、仕入して今晩販売であれば美味しく食べられるのですがね。
今朝は綺麗で甘いうにの仕入れができました。
さかなやさん!ありがとうございました。

本日も1200円値下げしてご提供できます。

10月18日

ひと月ぶりの更新です。
ようやく、
うにの価格が落ち着きましたので
本日はうに丼1200円値下げしました。
是非、ご予約をお願いします。
保存が難しいので必要最小の仕入れのみをしています。
急なお客様にはご提供できない時がございますのでご理解をお願いします。
身は少し小さめですが味はなかなか美味しいです。

9月20日

本日のうに丼ランチです。
特盛ご注文をいただきました。
この一膳でうな丼5杯ぐらいにあたっる金額なのです。
「販売したくない」と言うのが正直なところです。
現在、心配ご無用の質のうにはこのメーカーしかありません。
現に、2メーカーのサンプルを仕入れ、味見しましたが及第点は付けられませんでした。
早くうにの水揚げが安定期になることを望んでいます。

9月19日

昨日今日とうにの仕入れをしていません。
氷河期?です。
あれもダメ、ここのうにもダメ。
やめた方が良いよ!と言われやめました。
週末が心配です。
高くても良いものがあれば仕入したいと思っています。

9月14日

3連休のお問い合わせが多いです。
前もってのご予約のお客様につきましてはうに丼をご用意できるのですが
当日のお問い合わせは対応できない時がございます。
土日祝日は 市場もお休みのため仕入できません。
15人ほどのご予約がありました。
うにが無いためにお断りしたのは30人以上でした。
商売、水ものですね。
くやしいですね!お客様もがっかりでしょうがごめんなさい。
「3連休だから50人ぐらいはご来店されるのかな?
じゃあ生うにを50人前でも買った置きますか・・・。」などと言う事はございません。
20人しか来ない可能性もありますもので。
保存ができないため、予約数+3人前ほどの仕入れが常です。
昨日も及第点を付けられるうにがほとんどありません。
9月とはそういう時期なのです。

在庫管理、1人前のうにを腐敗廃棄となれば
今まで販売したうに丼の4人前の利益が飛んでしまします。
「確実な商売を」そう、思うようになりました。

9月13日

今期、初入荷しました。

綺麗です。
本日、このうにを使用したうに丼は 7800円 2人前限定。
びっくりですね。
びっくりついでにですが 仕入価格は5940円です。
この価格でご提供しても薄利ですね。
これとは別に5900円のうに丼もご用意しております。

 

9月11日

facebookより:

すぎ乃です。
うに丼の写真をご覧ください。
綺麗でしょ?

旬が過ぎてもうに丼のお問い合わせが多いです。
説明するのも面倒になるぐらい多いのです。
今年はどうしてこんなにお問い合わせが多いのか、不思議。
私の説明はこうです。
「9月はうにの旬ではないために、正直なところ美味しくありません」と。
現に、2度3度と仕入をして味見をしましたが美味しくないのです。
写真のうに丼は
「北海道旅行です。どうしてもばふんうに丼が食べたい」とのリクエストにお応えしたものです。
美味しくないうに丼をご提供するのはやはり抵抗があります。
先週仕入れのうによりは美味しい塩水ばふんうにでした。
ロシヤ産 北方四島の物です。
65点。正直な採点です。

そろそろ浜中産の塩水ばふんうにが出回ります。
尋常ではない価格のうに丼となってしまいますが
こちらは間違いなく美味しいうにです。
仕入が難しいため、完全予約制。そのうえ、仕入できなかった場合はあきらめて下さいね!とのお約束をして。
尋常ではない・・・。おいくらぐらいだと思いますか?

9月 9日

うにの少ない9月です。
9月10月でうにご希望のお客様には
ご迷惑をおかけする事が多くなりそうです。
またこの季節に「安くておいしいうに」は望まないでください。
9月はうにが少なく、美味しいうには安くはございません。

8月 26日

お盆が終わり、まもなくうに漁が禁漁です。
8月中旬はうに漁ができず、ご予約をお断りしておりました。
ここにきてうに漁が再開。いいうにの仕入れができました。
結局のところ、ご予約をお断りしなくてもうにの提供が可能となったのです。

ちょっともったいない気持ちです。
そして期待してご連絡下さったお客様には申し訳ない気持ちも。

 

6月 14日

先週と比べ、だいぶ甘みが出てきました。
本日も美味しいうにご用意してお待ちしてます。

6月 13日

塩水むらさきうには高値とりひき
塩水ばふんうには少し安定しています。

6月 7日

積丹町でうに漁解禁となりました。
順調に 漁があればいいのですが、天候にはかてませんね。

5月 30日

本日のうに丼です。
少々興味深い説明をいたします。

この海域ではそろそろうに漁は終盤。
うにの一生は受精をして次の代へとバトンタッチします。
この頃になると、渋みを感じるうにが多くなります。
実は塩水ばふんうにに限った渋みです。
小さなころの経験から、積丹町近海ではお盆になるとこのような渋みのうにが多くなり、
私にとってはいい意味での貴重な塩水ばふんうにとして、ありがたがっていました。
そして夏の終わり、うに漁の終わりを感じていました。
本日のうにがまさにそれなのです。
数年前、すぎ乃本店 うに膳屋にご来店されたご年配のお客様が
この手のうに丼をお召し上がりになり「防腐剤をつかってるのでしょ?」と。
使っていない事をお伝えしても、納得してくれませんでした。
ですので、受精始めた塩水ばふんうにについて詳しくご説明したところ
納得してくださりました。独特な渋みを防腐剤の味と感じたのでしょうね。
毎年、受精の時期になるとこの時のご年配のお客様を思い出します。

いやらしいお話をしますが、本日のうには6月3日までの賞味期限が表記されています。
しかしです。6月3日まではご提供できません。
見た目は奇麗でも少しずつ腐敗に近づいているのです。
完熟期と私は表現していますが、メロンの熟し過ぎた、美味しいを通り過ぎた果実の様だと思ってください。
在庫が難しく、本日必要な最低限の仕入れをしております。

すでに日本海でうに漁が始まりましたが、若い味がします。
おすすめは?と尋ねられれば「道東の塩水ばふんうにの方が美味しいです」と答えます。
あと何日この塩水ばふんうにをご提供できるかな?

5月 29日

本日はギリギリの数の仕入れでした。
ご予約のないお客様にはご提供できずすみませんでした。
今日に限ってすごい問い合わせです。何かあったのかな?
ご入店お断りしたお客様、すみませんでした。

5月 23日

今日はうにの仕入れがうまく行きました。
とて上機嫌な私です。
問題は明日明後日です。
大人数でのお問い合わせをいただきましたが
ご予約に至らず申し訳ございません。

5月 22日
22日~25日のうにのお問い合わせが多くあります。
本日水曜日は、市場がお休みです。
その期間にうにがあるかどうか確証がないため
ご予約を承ることができません。
すみませんがご理解をお願いいたします。

5月 20日

本日、うにはご予約者様分は確保できましたが
それ以外は、1、2食ほどで終了です。
お問い合わせのお客様にはお断りいたしました。
申し訳ございません。

5月 12日

ご予約のお客様の分は仕入できました。
沢山のお問い合わせに対応できずすみません。
もう少し多めに仕入しておけば良かったと悔やんでいます。

5月 9日

ゴールデンウイーク前から今一つのうにが多いです。
今日も同じく今一つ。
早く小樽近海が始まることを望んでいます。

4月 22日

ちょっと厄介なうにです。
美味しいのです。
完熟期と言ってもいいぐらいの美味しさなのですが
完熟ゆえに保存が難しいうにばかりです。
賞味期限前にして腐敗になりかけのうにもあります。
数年前にも1箱 36人前すべて賞味期限前に腐敗になったことがあり
それを思い出しました。
言いにくいことですが
もっともっと衛生的に完ぺきなうに加工(から割・洗浄・パック詰め)
してくれる会社があればいいのですが…。

4月 17日

今日のうにも美味しい。濃くもある。色も綺麗。
今期NO1です。そして価格も下がりました。
本日はご予約以外で3食のみです。
少し多めに仕入しました。

4月 13日

市場にもうにが山ほど来ていました。
中には2000円程の物もありますが、とても美しいとは言えないものです。
魚屋さんとお話したのですが、
綺麗で美味しいうによりも、少しぐらい悪くても安価なうにの方から売れていくそうです。
ご旅行で北海道へいらっしゃるお客様に提案ですが
一度、新千歳空港のショップを覗いてみてください。
おいしそうなうにが沢山並んでいますよ!

綺麗なうにとそうではないうに

4月 11日

順調に入荷があります。2,3日価格も下がりました。

今日も綺麗なうに丼の写真を!

 

4月 4日

順調にうにの入荷がございます。
価格も下げてご提供しております。
同じくいくらも価格引き下げしました。
このまま続いてほしいものです。

 

 

3月 24日

お休みを利用して他店の海鮮、魚を見て回りました。
それぞれ特徴があり視察したかいがありました。
やはりと言っては何なのですが、価格を抑えるための工夫が多くみられます。
これは良い事だと思っています。
ですが、物足りないと感じるお客様もおられるのではないかと思いました。
特にこの季節のうには価格が安定していないため
提供するお店としては扱いにくい食材です。
当店の価格帯よりも3~4割ほど、安い価格設定のお店がほとんどでした。
使用しているネタも価格相応です。

お客様よりどう思われるかが気になります。
安くご提供して「今ひとつ」と思われるのと
「すべてが素晴らしい」けど、高かったなと思われるの・・・。
私は後者を選んでいます。

早くうにの安定提供ができる日が来ることを望んでいます。

3月 22日

先週より、100円、250円とじわじわ値上がり。
供給が追い付かないようです。
札幌市内も観光のお客様も急に増えてきましたね。
それも影響していると思っています。
気になる味ですがとても甘くなりました。
通常、仕入が難しい浜中産の塩水ばふんうにも仕入できました。
目玉が飛び出るぐらいの価格です、すみません!!

3月 11日

先週末から価格が安定しております。
明日より価格を引き下げます!
先週、千歳空港で販売されている塩水ばふんうにを視察してきました。
空港価格でしたがだいぶ値下げしていますね。
この調子で下がってくれるのを望んでいます。
美味しいうに、本日も仕入できました。

3月 1日

うに、今一つだと魚屋に言ったら
「あの週は仕方ない、それしかなかったから。今日のは素晴らしいよ、あなた好みの持ってきた」と機嫌がいい。
確かにいいうにです。
このうに丼を、3月4・5・6日は割引してご提供いたします。
3月2・3日は休業のためメール予約で承ります。こちら⇒
前日までの電話予約者限定です。よろしくお願いします。
↑上の期間限定割引チケットをクリック!!

2月25日

先週まではこんなのはなかったのですが
本日仕入のうににすでに受精が見られます。
正直なところ味もいまいちです。
苦みがどうしてあるかを、ちゃんとお客様にはご説明し
納得されたお客様にはご提供いたしました。
明日、明後日もこの手のうにしかなければ仕入はやめます。
すでにご予約されたお客様につきましては、きちんとご説明を致します。
謝る準備はできております。

2月10日

残念でなりません。
当日お問合せいただいたお客様、直接、お店にいらしたお客様には
うに丼等のご提供ができませんでした。品切れです。
お腹すかしてることと察しています。
がっかりされたことを思っています。

2月6日

ご予約のお客様以外にうにのご用意はございません。
うわさでは本日原料入荷があり、身を剥くとの事。
明日のセリに間に合えばいいのですが、
間に合わなければ明日もうにはありません。
どうでもいい質のうには少しありましたが、うにの味ではありません。
雪の季節は供給が難しいです。
先週末と昨日と比べると1000円以上の値上げがありました。

2月4日
何とか今日明日のうには確保できました。
天候不良が続き今週末にかけてはご予約も承る事ができないかもしれません。
今朝の市場は、うに争奪戦だったようです。

 

 

1月17日

美味しいうにです。
ちょっと色の濃いのと薄いのがあります。
今週末も値下げしてご提供の予定です。

1月15日

連休明けの火曜日、うにの価格を1000円下げました。
もしや、市場に沢山のうにがあって
価格が下がったのかもしれません。
意外と今週は安定するのかもしれませんね。キレイなうにです。

12月22日

じわじわと値上がりしています。
5日連続の値上がりです。
あと数日で札幌卸売り市場が年内の営業を終了します。
当店としても年末年始用にウニを仕入れなくてはいけません。
10人前にしようか30人前にしようか悩んでいます。

12月15日

うに丼のお問い合わせが、今週末に限ってとても多くありました。
土曜日の早朝にご予約分+5人分ほど仕入しました。
すでに完売です。
土日のうに丼はこれにて終了。完売です。

12月9日

じわじわとウニの価格が上がってます。
おいしいウニですが商売になりません。
防腐剤たっぷりのウニなら在庫が楽なのですが・・・。

11月29日

1週間ほど割引価格でご提供しておりましたが
本日より値上げです。
露骨な表現でごめんなさい。
本日より通常価格でのご提供となります。
浜中産、根室産、北方4島産と仕入れをしました。

11月14日

ちょっと嫌なニュースがとびこんできました。
冬の道東近海でのうに漁に制限がかかると言う噂があります。
こうなるとお手上げです。

先週、千歳空港に行きました。
お土産屋さんで、いろんなメーカーのうにが販売されていました。
札幌の市場でも見たことのないメーカーもあります。
空港の販売店、独自の仕入先ルートがあるのでしょう。

ちょっと意地悪な考えがあります。
一度、空港でうにの価格を調べてみてほしいのです。
一流の物ばかり取り揃えている空港です。
びっくりする価格ですから。
でもこれが現実なのです。

10月25日

市場休み明けの今日、根室産の塩水ばふんうに、グンと良くなりました。
100円値下がりです。
良いうには気持ちよくうに丼を作ることができます。
あと1000円安ければいいのですが・・・。

10月20日

うに丼ご希望デいらしていただいたお客様、すみませんでした。
ご予約のお客様の分しか仕入していませんでした。
お客様もがっかりでしょうが、私も少し悲しいです。
来週はうにの仕入れが楽になります様にと、いつも思っているのですが
なかなか難しいです。

10月15日

先週末、値下げしましたが、今日になりまた値上げです。
需要が多いようです。
そこに品薄となればやはり価格が上がりますね。
綺麗なうにです。
先週のお客様「きれいなうにだね」と。
うれしいお言葉です。もしかして同業者かもしれません。

 

 

10月1日

塩水ばふんうにどんぶり、本日9700円です。
仕入額が6091円
思い切って、嫌われるの覚悟で12000円でご提供しようかとも思いましたがやめました。
これでもサービス価格のつもりです。
12000円で嫌われるのと9700円で嫌われるのと
同じ嫌われるなら12000円にした方が良かった・・・。と屁理屈。

安価なうに丼がご希望であれば、そのようなお店を選択してください。
お客様に「高いね~~」って嫌われるよりも
「思ったより美味しくない~~」と言われるのがいやなのです。
ですので信頼のおけるうにを仕入するとこの価格になってしまいます。
明日は6000円位になるかもしれない・・・、と、期待し続けている毎日です。
北方四島の塩水ばふんうにが安価で流通する日が待ち遠しいです。

9月29日

すみません。ご予約以外のお客様にはうにのご提供ができません。

9月28日

綺麗なうに、仕入できました。
ですが、、今年一番の高値です。
すみません。

9月25日

連休が明け、塩水ばふんうにも上手に仕入れできました。
25日の朝に仕入れたものは完売です。
素晴らしいうにです。
この季節、このメーカー以外のうには考えられません。
浜中 小川 と検索してみてください。
仕入価格はおそらく検討もつかないと思いますが、実は原価6000円です。
これは13500円で販売しなければいけない異常なレベルのうにです。
本日は販売価格は7300円。
こんなに安く提供してどうするのさ?と同業者の意見です。
こんな同業者のヒトコトに救われた気がします。

10月になれば根室方面、北方四島から
塩水ばふんうにが入荷があります。
そうなるともう少し安価なうにとなるでしょう。

9月18日

うに丼のお問い合わせが多い本日です。
お断りしたお客様、申しわけございません。
うに、ありません。
美味しくもなく、品薄で高値のうにばかりでしたので
仕入をやめました。
先週の土曜日に、ダメモトで仕入れたうにはやはりだめでした。
そんな経験があって、やめました。
けさもそんなうにしかなかったです。