うにご希望のお客様へ

うに、うに丼は予約優先といたしました

無添加の生うには腐敗しやすく、大量在庫ができません。
お客様よりご予約をいただいてから仕入をするように心がけております。
少し余裕をもって仕入数を決めておりますが
ご予約のないお客様にはご提供できない場合もございます。
ご理解をお願い致します。

時々、他店との価格を比較され、当店の価格に驚かれるお客様もおられます。
「ご飯が見えないほどのうに丼」を、25年余り、一貫して作り続けております。
やはり使用するうにの量が、うに丼の価格に反映されます。
沢山のうにを乗せるため、価格も高くなってしまいます事をご理解ください。

また、2018年度は異常な価格で取引され、ひきつづき2019年度も価格が安定しません。
特に高品質のうには数が少なく、昨年の同時期より3割ほど高い状況が続いております。

最高級 浜中産塩水ばふんうに予約承ります

  うにへのこだわり 

うに丼の大きさは4サイズ

期間限定 割引チケット

b_simple_129_1S

2月10日

残念でなりません。
当日お問合せいただいたお客様、直接、お店にいらしたお客様には
うに丼等のご提供ができませんでした。品切れです。
お腹すかしてることと察しています。
がっかりされたことを思っています。

2月9日

3連休初日です。
明日から市場が休み。本日よりご予約分の25人前のうには仕入できました。
ご予約のないお客様につきましてはキャンセル待ちのとなります。
うにが全くありません。
希望数の仕入れができないぐらい品薄です。
お楽しみにされていたお客様、申し訳ございません。

2月6日

ご予約のお客様以外にうにのご用意はございません。
うわさでは本日原料入荷があり、身を剥くとの事。
明日のセリに間に合えばいいのですが、
間に合わなければ明日もうにはありません。
どうでもいい質のうには少しありましたが、うにの味ではありません。
雪の季節は供給が難しいです。
先週末と昨日と比べると1000円以上の値上げがありました。

2月4日
何とか今日明日のうには確保できました。
天候不良が続き今週末にかけてはご予約も承る事ができないかもしれません。
今朝の市場は、うに争奪戦だったようです。

 

 

1月23日

どうやら道東でのうに漁の漁場が変わったようです。
これからもっと甘くなると思います。
少し小さめのうに。
価格も一気に下がりましたので、当店でもお安くしております。

1月17日

美味しいうにです。
ちょっと色の濃いのと薄いのがあります。
今週末も値下げしてご提供の予定です。

1月15日

連休明けの火曜日、うにの価格を1000円下げました。
もしや、市場に沢山のうにがあって
価格が下がったのかもしれません。
意外と今週は安定するのかもしれませんね。キレイなうにです。

12月22日

じわじわと値上がりしています。
5日連続の値上がりです。
あと数日で札幌卸売り市場が年内の営業を終了します。
当店としても年末年始用にウニを仕入れなくてはいけません。
10人前にしようか30人前にしようか悩んでいます。

12月15日

うに丼のお問い合わせが、今週末に限ってとても多くありました。
土曜日の早朝にご予約分+5人分ほど仕入しました。
すでに完売です。
土日のうに丼はこれにて終了。完売です。

12月11日

3日連続の値上げです。
気軽にうに丼食べたい~~とのご要望には対応できない位の価格です。
しばらくは無理をして仕入れをするのを止めようかとも思っています。
うに丼、一膳 7000円と9800円です。
異常です、今年のうにの価格。

12月9日

じわじわとウニの価格が上がってます。
おいしいウニですが商売になりません。
防腐剤たっぷりのウニなら在庫が楽なのですが・・・。

11月29日

1週間ほど割引価格でご提供しておりましたが
本日より値上げです。
露骨な表現でごめんなさい。
本日より通常価格でのご提供となります。
浜中産、根室産、北方4島産と仕入れをしました。

11月25日

3連休も盛り上がらないで終わりました。
ここ数日は1000円~2500円割引でうに丼をご提供しました。
明日はどうなるか見当もつきません。
安価なら割引続行します。

11月17日

価格を1000円値下げしました。
先週の物より色目が良くありませんが味はばっちりです。
ご旅行のお客様にもよろこんでいただきました。

11月14日

ちょっと嫌なニュースがとびこんできました。
冬の道東近海でのうに漁に制限がかかると言う噂があります。
こうなるとお手上げです。

先週、千歳空港に行きました。
お土産屋さんで、いろんなメーカーのうにが販売されていました。
札幌の市場でも見たことのないメーカーもあります。
空港の販売店、独自の仕入先ルートがあるのでしょう。

ちょっと意地悪な考えがあります。
一度、空港でうにの価格を調べてみてほしいのです。
一流の物ばかり取り揃えている空港です。
びっくりする価格ですから。
でもこれが現実なのです。

10月25日

市場休み明けの今日、根室産の塩水ばふんうに、グンと良くなりました。
100円値下がりです。
良いうには気持ちよくうに丼を作ることができます。
あと1000円安ければいいのですが・・・。

10月24日

価格が下がりません。
お電話でのうに丼ご予約のお客様に価格を説明すると
ほぼ半分の方が予約にいたりません。
しばらくは価格をお客様におしえないで
ある意味無責任な対応をしようかとも考えるぐらいです。
その方が気楽です。
でもね。

10月20日

うに丼ご希望デいらしていただいたお客様、すみませんでした。
ご予約のお客様の分しか仕入していませんでした。
お客様もがっかりでしょうが、私も少し悲しいです。
来週はうにの仕入れが楽になります様にと、いつも思っているのですが
なかなか難しいです。

10月15日

先週末、値下げしましたが、今日になりまた値上げです。
需要が多いようです。
そこに品薄となればやはり価格が上がりますね。
綺麗なうにです。
先週のお客様「きれいなうにだね」と。
うれしいお言葉です。もしかして同業者かもしれません。

 

10月12日

浜中産の塩水ばふんうにに加え
北方四島の塩水ばふんうにも少しづつ入荷しています。
今週の北方四島のうにはいまひとつ。
味は極端に悪いものではないのですが
見た目の色、形にばらつきがあります。かといって安いわけでもありません。
一方、浜中産は素晴らしいです。
本日、400円の値下がりで仕入です。
提供価格も400円値下げしてご提供いたします。

 

 

 

10月1日

塩水ばふんうにどんぶり、本日9700円です。
仕入額が6091円
思い切って、嫌われるの覚悟で12000円でご提供しようかとも思いましたがやめました。
これでもサービス価格のつもりです。
12000円で嫌われるのと9700円で嫌われるのと
同じ嫌われるなら12000円にした方が良かった・・・。と屁理屈。

安価なうに丼がご希望であれば、そのようなお店を選択してください。
お客様に「高いね~~」って嫌われるよりも
「思ったより美味しくない~~」と言われるのがいやなのです。
ですので信頼のおけるうにを仕入するとこの価格になってしまいます。
明日は6000円位になるかもしれない・・・、と、期待し続けている毎日です。
北方四島の塩水ばふんうにが安価で流通する日が待ち遠しいです。

10月1日

そろそろ、根室、北方四島の塩水ばふんうにが出てくると思ってます。
今日も高値取引です。
ものすごい価格となりました。
ちょっと気の毒ですが。

9月29日

すみません。ご予約以外のお客様にはうにのご提供ができません。

9月28日

綺麗なうに、仕入できました。
ですが、、今年一番の高値です。
すみません。

 

 

9月25日

連休が明け、塩水ばふんうにも上手に仕入れできました。
25日の朝に仕入れたものは完売です。
素晴らしいうにです。
この季節、このメーカー以外のうには考えられません。
浜中 小川 と検索してみてください。
仕入価格はおそらく検討もつかないと思いますが、実は原価6000円です。
これは13500円で販売しなければいけない異常なレベルのうにです。
本日は販売価格は7300円。
こんなに安く提供してどうするのさ?と同業者の意見です。
こんな同業者のヒトコトに救われた気がします。

10月になれば根室方面、北方四島から
塩水ばふんうにが入荷があります。
そうなるともう少し安価なうにとなるでしょう。

9月18日

うに丼のお問い合わせが多い本日です。
お断りしたお客様、申しわけございません。
うに、ありません。
美味しくもなく、品薄で高値のうにばかりでしたので
仕入をやめました。
先週の土曜日に、ダメモトで仕入れたうにはやはりだめでした。
そんな経験があって、やめました。
けさもそんなうにしかなかったです。

9月13日

今月は三連休が2回もありますね。
おいしい秋の味覚も順調に入荷しております。
目玉はやはり道東の塩水バフンウニです。
夏の日本海のうにも美味ですが
これからの道東は、特に浜中町のバフンウニほど素晴らしい食材はないと
思ってご提供をしております。
楽しみな季節です。