先生、こんな感じでいい?!

年末年始は食べすぎました。ストレスが原因と言う事にしておいて。

今年も休まず29日~3日まで営業いたしました。
それなりに電話も鳴ります。
お料理のご希望を伺うのですが、ご予約成立にならないのです。
そう、お客様のご希望が無理難題なのです。ちょっとオーバー。
ちょっとオーバーな表現ですので不快に思われる方、すみません。

「2日の夕方、活いかの刺身食べたいのですが」
このご要望にははっきりとできませんとお伝えしました。
12月29日で市場が終了。水槽のない当店では生きたいかはご提供できないの。

「31日 5人ですが毛がに2杯お願いできますか?」
このご要望にもお応えできませんでした。
ご予算が全く合いません。
今年は、うに丼よりも毛がにのお問い合わせが多かったので
ダメモトで2社より400g未満の毛がにを仕入れて試食してみたの。
悪くは無いのですが、この400g未満の毛がにでも4,000円以上の仕入れ価格。
このサイズは1人前にしかなりません。
ご家族で楽しむには、小さ過ぎるサイズ。
ちゃんと伝えました「4名様であれば500g2尾か3尾あれば十分なのではないでしょうか?」と。
「2尾だとしたら、18000円位ですが…」と伝えました。ご予約には至りません。
野暮用で大晦日に札幌駅まで行く途中、かに専門店の店先で500gUPの毛がにが販売されており
6500円でした。さすが専門店です。うらやましいな、この価格でご提供できるのって。
持って帰るから6500円。お店で食べれば何とか税とかサービス料とかがかかるのでしょう。
この季節に6500円という安さは、市場などからの通常のルートによる仕入では不可能な価格です。

うに丼の価格もしかり。
12月28日~1月3日までのうに丼の予約数は20膳。
28膳分のうにの仕入れをいたしましたが、
うにの価格を伝えるとびっくりされるお客様がほとんど。
7000円の原価で12000円の販売価格でしたからびっくりされるのもわかります。
私も気の毒な気持ちでいっぱいなのです。

かくして、お正月の仕事は楽しくない仕事となってしまいました。
来年はやめようかな~~~。昨年も同じ事言ってたような気がする(笑)

こんなブログ、見たってなにも面白くないと思うのですが、もう少し付き合って!
私が一番大切にしていることは、ちゃんと説明すると言う事。
何も説明しないで「お待ちしています」と言えば、少しなりとも売りあげにはなります。
とりあえずご来店され、刺身のひとつやふたつ、ご注文されるかもしれません。
お電話でのお問い合わせの際に、ご希望のお料理、ご要望を伺うと
ほとんどのお客様は「うにどん」ともうします。
説明しなくてはならない状況と判断し、
説明をすると「じゃあやめます」なのです。
でも、いらしてがっかり&びっくりするよりは良いのではないかと思ってます。

タイトルの 先生!こんな感じで良い? とは
実在する先生に向けたタイトルです。
私の娘の事や、旅行の事を時々ブログとしてここにUPするのですが
「杉野君、そんなことよりもっとスパッと辛口のUPを望むのよ」と先生がおっしゃいます。
2018年度の夏~冬はあまりストレスを感じることがなく
不平不満もさほどなかった私。
不満を題材にしたブログはしばらくなかったのですが、この大阪の近くにお住いの先生が「辛口を」と望んだもので
思い出したかのように、辛口をUPしたつもりです。
もっと上手な文章なら読みやすいのでしょうが、この程度の文章でごめんなさい。

数少ない「常連さん」の中でも、とても良いお客様です。紳士的な先生です。
私の好きなポッキーを今年も覚えていてくれました。ごちそうさま!!
大阪の近くって、チーズのお菓子やチョコレートも有名らしいですね、先生!?
人生初めての森高千里の写真集を下さったのも、この先生です。
「先生、今度はいつくるの?」

最近のわたし

先月、遅い夏休みをとった。
昨年まで一緒に仕事をしていた料理人が独立に向け
福岡で修業をしている。
かこつけて彼を励ましに福岡まで行く事とした。
有給消化をとるという長女と一緒に。

福岡は2泊3日。その後、千葉、東京と3泊4日
こんなに朝から晩まで娘と一緒なのもいつ以来だろうか・・・?
わかっていたのですが札幌に戻って来てからシャキッとしない。
原因ははっきりしている。娘と一緒に居すぎた、後遺症。

師走の忙しくなりそうな今日日に
これまたお仕事でお世話になっていた方から突然の連絡があった。とても久々。
「おかえりなさい!戻ってきたのですね、日本へ!」
短い時間だったけどお話をした。
お父様のこと、娘のこと、どうでもいい話でしたが、、、。
久しぶりならもっと気のきいたお話が山ほどあったのでしょうが
なぜか変な話題ばかりでした。
旅行のお話や、実家の話などして
その後に「子離れ」という話題でお話をした。
おしゃべりの後、改めて子離れできない自分に気が付いた(笑)

娘が就職で札幌を離れてから1か月間は調子が悪かった、私。
SNSで連絡が来たり、時々会いに行ったり
そう遠くに感じてはいないのですがね。

「もう一度、娘を育てるとしたら、べたべたに甘やかして育ててみたい」とは
常連さんだったオジサマのお言葉。うん、しみるセリフだ。
私がこの言葉を今でも覚えているのは、同じ思いがあるからかもしれないな。

♪♬ 旅立つボクを見送って 大丈夫だとほほえむ
君の姿がいまでも 瞳閉じれば 浮かんでくるよ・・♫
主人公は違うけど、
この歌を聴くと親元を離れて働く娘の事を思い出す。

最近のお気に入りのフレーズ ms.ooja です。

「うん」と首をチョンと下げる。
「わかったよ」という時の娘のしぐさ。
今もその心地良い仕草を覚えている。
ラインすると返事は「うん」
首をチョンと下げているだろうと想像する。

仕事は嫌いではないと言う娘。
暑い環境も耐えられるらしいが
年に何度かある「新宿店勤務」は嫌いとはっきりモノ申す。
最近、組合の仕事をするようになってからは
会社のいやなところも目に付くと言っていた。
福岡で待ち合わせした時の顔は、札幌を離れる時と変わっていない。
「寒いの?」との私の問いには
「うん」と首をチョンと下げた。

札幌を旅立つ前に、就職時に渡された、書類に私がサインをした。
裏面には勤務希望地という欄があり、
「北海道」と力強い文字で、娘が書き込んでいた事をちゃんと知っている。